お茶の松下園|熊本天草イルカのティーバッグ




※ 8,000円以上で佐川急便に切り替えさせて頂きます。



熊本県天草市で誕生した、見た目もかわいらしい「イルカのティーバッグ」。

イルカのティーバッグは、その名前の通り、熊本県天草市のイルカをモチーフとしたティーバッグとなっています。

現在、イルカのティーバッグは「イルカのティーバッグ ブルーマロウ4袋セット」「イルカのティーバッグ 矢部茶&ブルーマロウ ブルーBOX」「イルカのティーバッグ ルイボス&エルダー オレンジBOX」「イルカのティーバッグ 4種類お試しサイズ」の4商品の展開をしております。

それぞれ他にないティーバッグのデザインや独特の味わいや香りを楽しめるようになっております。

  • イルカのティーバッグ 矢部茶&ブルーマロウ ブルーBOX
  • イルカのティーバッグ ルイボス&エルダー オレンジBOX

イルカのティーバッグ ブルーマロウ4袋セット 

イルカのティーバッグ ブルーマロウ

人気のブルーマロウのみの販売がついにスタート!

ブルーマロウ(ハーブティ)が更に美味しくなりました!

レモングラスとジャーマンカモマイルをブレンドしました! すっきり飲みやすく爽やかな味わいです!

☆内容量☆
ブルーマロウ・レモングラス・カモマイルジャーマン(ハーブティ)4g(1.0g ×4袋)

深い藍色の花びらが特徴のブルーマロウ。

お湯を注ぐと、カップのお湯も青く鮮やかな水色に染まります。

イルカのティーバッグ 矢部茶&ブルーマロウ ブルーBOX

イルカのティーバッグ 矢部茶&ブルーマロウ ブルーBOX

ネットやラジオで話題のイルカのティーバッグが遂に発売開始!ブルーマロウと熊本県産玉緑茶の組み合わせです。

ブルーBOXは、朝と昼をイメージしたBOXとなっており熊本県天草に生息するイルカをイメージして1年かけて作りました!

1つづつ手作りで丁寧にお作りしています。

☆内容量☆

矢部茶(熊本県産玉緑茶)10g(2.0g×5袋)

熊本県の中でも歴史が古く、お茶産地として熊本城細川藩の献上茶としても知られています。

淡い緑の水色と、お茶本来のほのかな渋み玉緑茶特有の香ばしい香り、飲み終わった後に口の中で広がる爽やかな甘みが特徴です。

イルカのティーバッグ ルイボス&エルダー オレンジBOX

イルカのティーバッグ ルイボス&エルダー オレンジBOX

ネットやラジオで話題のイルカのティーバッグが遂に発売開始!エルダーフラワーとルイボスティーの組み合わせです。

夕日に浮かぶイルカをイメージして熊本県天草に生息する夕方のイルカをイメージして1年かけて作りました!

1つづつ手作りで丁寧にお作りしています。

☆内容量☆

エルダーフラワー7.5g(1.5g×5袋)

アレルギー症状や美肌が期待されるハーブティーエルダフラワー。飲みやすいフルーティーな味わいが特徴です。

イルカのティーバッグ 4種類お試しサイズ

イルカのティーバッグ 4種類お試しサイズ

ネットやラジオで話題のイルカのティーバッグが遂に発売開始!

この度、ご好評によりお試しサイズを販売致します。

熊本県天草に生息するイルカをイメージして1年かけて作りました!

1つづつ手作りで丁寧にお作りしています。

☆内容量☆

矢部茶(熊本県産玉緑茶)10g(2.0g×1袋)

熊本県の中でも歴史が古く、お茶産地として熊本城細川藩の献上茶としても知られています。

淡い緑の水色と、お茶本来のほのかな渋み玉緑茶特有の香ばしい香り、飲み終わった後に口の中で広がる爽やかな甘みが特徴です。

☆内容量☆

ブルーマロウ(ハーブティ)5g(1.0g×1袋)

深い藍色の花びらが特徴のブルーマロウ。

お湯を注ぐと、カップのお湯も青く鮮やかな水色に染まります

あっと驚く!!サプライズティー

ブルーマロウは、レモン果汁を加えるとからピンクに早変わり♪


イルカのティーバックの美味しい飲み方

イルカのティーバッグ誕生秘話

お茶人口の減少

みなさんご存知ですか?

近年、お茶人口の低迷の中、若い人から、ご年配層の人まで飲む方が減少しています。

お茶業界でも、さまざまな新しい試みがみられ、各地域ごとの特色を活用した動きがみられています。

和カフェをはじめとした抹茶を活用したスイーツ、トクホ開発(特定保健用食品)即席性のパウダーなど時代と供に日々進化しています。

 

松下園にできることは?

それでは松下園で出来ることはなんなのでしょう。

大手や他社と同じように、和カフェやお茶にちなんだスイーツを商品化すべきなのでしょうか?改めて考える大切な時期でした。

そんな中、日頃飲んでいるお茶にもっと愛着持って、お茶に関心持って欲しい。

お茶っておいしいって振り向いて欲しい。

私ができる中でなにかお茶の新しい飲み方、みんなが喜べる、楽しい演出できないかともやもやと思い描いてました。

熊本の歴史、お茶文化、天草地元の風習、郷土食、気がつけば市役所、郷土資料館、図書館に通う日々が続きました。

昔から熊本は阿蘇・天草とよばれ、熊本の二大観光と呼ばれています。山の幸は阿蘇。海産物は天草というように。

天草の島人口は10万人程ですが、近年の天草観光人口を調べていくと驚くべくことに年間400万人以上が観光にこられていることに気づきました。

はるばる遠い秘境の地天草への観光者の方にどのようにPRしていくか。

天草の観光場所やいきたい場所をくまなく調べました。

ロマン溢れる西洋焼きのタイルや陶器、南蛮文化、教会、天草五橋から眺めるサンセットビーチ、そしてイルカウォッチング。

世界的にも全国的にも珍しいたくさんのイルカ達が暮らことができるバンドウイルカの生息地『イルカの楽園、イルカの都(IRUQA NO MIYACO)』でした。

ある日、考案者の私が『湯飲みの上でイルカさんたちががスイスイ泳いだら、なんてカワイイだろうな』と思い、世の中にまだない商品を作りたいと思い、まず最初は自分であらゆるティーバ ッグを作っている会社に電話しましたが、できませんと断られ、以前から相談させて頂いていた大翔水産の高橋さんに相談させて頂いて、高橋さんのご協力もあり1年がかりでやっとの思いで商品 化に成功しました。

私もイルカが大好きなので、最初からイルカ以外の選択肢がありませんでした。

1つ1つ手作りでお作りしております。皆様のティータイムが素敵な時間になるといいなと思っております。

どうぞ、よろしくお願いします!